イベント・観光

イベント情報

相生ペーロン祭

ペーロン競漕(相生市)

ペーロン競漕(相生市)

2022年5月28日(土)~5月29日(日)

29日(日)のペーロン競漕では、中国渡来のペーロン船に乗って漕ぎ競う。ドラや太鼓の鳴り物が賑やかに鳴り、1隻に32名が乗り込む。28日(土)の前夜祭では花火大会もある。 画像提供:相生市

会場

相生湾特設会場ほか

住所

兵庫県相生市旭1-1-3

交通

JR相生駅→徒歩20分

料金

無料

問合せ先

0791-23-7133(相生市地域振興課)

周辺のおすすめ観光情報

見る

うすくち龍野醤油資料館

麹室  圧搾機  5400リットル入る大きな仕込み桶  資料館 

麹室

龍野は関西を中心に広く使われている淡口醤油の産地。ヒガシマル醤油の旧本社を利用したこの資料館では、淡口醤油の歴史やかつての醸造工程を紹介している。見学コースの最初にある釣瓶井戸は江戸時代に造られ、揖保川の地下水を汲み上げたもの。原料処理場、仕込蔵、麹室[こうじむろ]などが再現され、龍野の醤油協同組合各社が保管してきた関連資料も多数展示。売店では、淡口醤油や刺身醤油、おいしく鉄分のとれる醤油などを販売。所要30分。国登録有形文化財。

住所

兵庫県たつの市龍野町大手54-1

交通

JR本竜野駅→徒歩20分

ドライブ

山陽道龍野ICから5分

料金

入館10円(たつの市立歴史文化資料館・霞城館・矢野勘治記念館との共通券300円)

営業時間

9~17時(入館は~16時30分)

定休日

月曜(祝日の場合は翌日)

問合せ先

0791-63-4573

龍野城

当時の趣が残る木造の本丸御殿 

当時の趣が残る木造の本丸御殿

町を見下ろす鶏籠山の麓に立つ。寛文12年(1672)に脇坂安政が築城した平城を復元した本丸御殿、隅櫓、多聞櫓、埋門が往時を偲ばせる。優美な大屋根を持つ本丸御殿は一般的な城のイメージと違って、入母屋造、瓦葺の平屋建ての造りが特徴で内部の見学もできる。鶏籠山山頂に室町末期の山城跡が残っている。

住所

兵庫県たつの市龍野町上霞城128-1

交通

JR本竜野駅→徒歩20分

ドライブ

山陽道龍野ICから県道29号経由2.7km10分

料金

見学無料

営業時間

8時30分~17時

定休日

月曜(祝日の場合は翌日)

問合せ先

0791-63-0907(たつの市立龍野歴史文化資料館)

息継ぎ井戸

歴史にじかにふれてみよう 

歴史にじかにふれてみよう

主君浅野内匠頭長矩[あさのたくみのかみながのり]の刃傷事件を急報するため、江戸から早かごで四昼夜半を駆け抜いた早水藤左衛門[はやみとうざえもん]と萱野三平[かやのさんぺい]が城に入る前、一息ついたという井戸。赤穂では井戸水に海水が混じるため、江戸初期に千種川上流から水を引いて上水道を整備した。この井戸にも上水道が引かれ、人々の暮らしを支えた。日本三大上水道の一つとされる。

住所

兵庫県赤穂市加里屋

交通

JR播州赤穂駅→徒歩5分

ドライブ

山陽道赤穂ICから国道250号経由4km10分

料金

見学自由

営業時間

見学自由

定休日

無休

問合せ先

0791-43-6839(赤穂市産業観光課)

花岳寺

禅の曹洞宗に属し本山は永平寺。赤穂藩祖浅野長直公によって正保2年(1645)に建立された寺であり元禄事変後は、永井家、森家歴代藩主の菩提寺となる。境内には、義士37回忌にあたる元文4年(1739)に建てられ、遺髪がおさめられていると伝えられる四十七義士の墓・宝物館・義士木像堂などもあり、赤穂義士ゆかりの史跡ともなっている。赤穂城の塩屋惣門を移築した山門は赤穂市指定文化財。新西国第31番、瀬戸内観音第7番の霊場である。

住所

兵庫県赤穂市加里屋1992

交通

JR播州赤穂駅→徒歩10分

ドライブ

山陽道赤穂ICから10分

料金

拝観400円(宝物館、義士木像堂、義士墓所と共通)、高・大学生200円、中学生以下無料

営業時間

9~16時

定休日

無休

問合せ先

0791-42-2068

赤穂城跡

風情ある橋が架かった大手門。北側には大手隅櫓がある 

風情ある橋が架かった大手門。北側には大手隅櫓がある

常陸国笠間から入封した浅野長直が13年の歳月を費やし、寛文元年(1661)に完成。播磨灘に面して築かれた海城(平城)で、天守台はあるが天守閣はない。縄張は、本丸を中心に二之丸が同心円状に囲む輪郭式だが、三之丸が二之丸の北に張り出した変形輪郭式。浅野家断絶後、城は永井家、森家に引き継がれた。明治の廃藩置県後に取り壊されたが、昭和30年(1955)に大手門の一部と大手隅櫓が復元。大手門から入った道筋に大石良雄宅跡があるのは、当時藩邸や家老、藩重臣の屋敷を城内に置いたためだ。

住所

兵庫県赤穂市上仮屋1424-1

交通

JR播州赤穂駅→徒歩15分

ドライブ

山陽道赤穂ICから県道32号経由4km10分

料金

見学自由

営業時間

本丸・二之丸庭園は9時~16時30分

定休日

無休

問合せ先

0791-43-6962(赤穂市教育委員会文化財課文化財係)

赤穂大石神社

正月三が日の初詣風景  拝殿前の参拝者、三が日で15万人程度 

正月三が日の初詣風景

大石内蔵助と藤井又左衛門の屋敷跡に大正元年(1912)に建立された。義士と萱野三平、浅野家、森家を合祀している。境内の義士宝物殿には、内蔵助が討ち入りに使ったという采配や愛刀の備前長船などが展示されている。また文化勲章受章者・平櫛田中[ひらぐしでんちゅう]をはじめ、一流彫刻家による四十七士の木像を安置する義士木像奉安殿も見逃せない。

住所

兵庫県赤穂市上仮屋旧城内

交通

JR播州赤穂駅→徒歩15分

ドライブ

山陽道赤穂ICから県道96号経由4km10分

料金

境内自由(義士宝物殿、同別館、義士木像奉安殿、大石良雄宅跡共通券450円)

営業時間

8時30分~17時

定休日

無休

問合せ先

0791-42-2054

赤穂市立歴史博物館

150トンもの荷物を運んだ千石船。その3分の1サイズだけに大迫力  外観 赤穂城米蔵跡に建てられた白壁の土蔵風建物 

150トンもの荷物を運んだ千石船。その3分の1サイズだけに大迫力

赤穂の塩、赤穂の城と城下町、赤穂義士、旧赤穂上水道の4つが展示テーマ。なかでも、昭和20年代まで使われていた国指定重要有形民俗文化財の製塩用具はぜひ見ておきたい。義士関連では史実だけでなく、文楽・浮世絵など庶民文化に息づく忠臣蔵の世界を併せて紹介しているのが興味深い。所要30分。

住所

兵庫県赤穂市上仮屋916-1

交通

JR播州赤穂駅→徒歩20分

ドライブ

山陽道赤穂ICから4km10分

料金

入館200円(特別展開催期間中は変更あり)

営業時間

9~17時

定休日

水曜(祝日の場合は翌日)

問合せ先

0791-43-4600

兵庫県立赤穂海浜公園

公園内にある「塩の国」  オートキャンプ場  わんぱく広場難破船 

公園内にある「塩の国」

瀬戸内海・播磨灘に臨む御崎地区の塩田跡につくられた海浜公園。瀬戸内海を一望する大観覧車や変り種自転車で遊べる「タテホわくわくランド」をはじめ、青空広場やテニスガーデン、ふれあいロードなど、多彩な施設を整備。塩づくり体験ができる赤穂市立海洋科学館のそばには、塩田や製塩作業所が復元された塩の国も。巨大遊具の難破船や無料で遊べる木製アスレチック遊具のあるわんぱく広場は子どもたちに大人気。赤湖、白湖を含む総面積約71万7000平方mの一画を占める大規模なオートキャンプ場ではデイキャンプも楽しめる。

住所

兵庫県赤穂市御崎1857-5

交通

JR播州赤穂駅→ウエスト神姫バス御崎経由かんぽの宿赤穂行きで10分、バス停:明神木[みょうじき]下車、徒歩15分(土・日曜、祝日は直通バスあり)

ドライブ

山陽道赤穂ICから県道32号経由6km10分

料金

入園無料(施設により異なる)

営業時間

9~17時(施設により異なる)

定休日

無休(施設により異なる)

問合せ先

0791-45-0800(赤穂海浜公園管理事務所)

赤穂市立美術工芸館 田淵記念館

中国・明時代に作られた「呉須赤絵水指」 

中国・明時代に作られた「呉須赤絵水指」

江戸時代から塩田や塩問屋を営んでいた豪商・田淵家が赤穂市に寄贈した美術品、古文書類を収蔵・展示。歴代当主が造詣の深かった茶道具が充実し、季節に合わせた展示を行う。このほか年に1~2回企画展・特別展を開催。隣接地の田淵邸には国指定名勝の田淵氏庭園(公開不定期)がある。所要20分。

住所

兵庫県赤穂市御崎314-10

交通

JR播州赤穂駅→ウエスト神姫バス御崎経由かんぽの宿赤穂行きで17分、バス停:川口町東下車、徒歩すぐ

ドライブ

山陽道赤穂ICから新田坂越線経由7.5km20分

料金

入館200円(特別展の開催時は入館料を変更する場合あり)

営業時間

9~17時(入館は~16時30分)

定休日

火曜(祝日の場合は翌日)

問合せ先

0791-42-0520

赤穂御崎

播磨灘が一望できる 

播磨灘が一望できる

岩礁や崖が続く景勝地。御崎の先端にある伊和都比売神社[いわつひめじんじゃ]の鳥居からは家島群島も見渡すことができ、近くには赤穂温泉の旅館街がある。播磨灘を一望する遊歩道が整備されており、春は桜が美しいことで知られる。

住所

兵庫県赤穂市御崎

交通

JR播州赤穂駅→ウエスト神姫バス御崎経由かんぽの宿行きで17分、バス停:御崎下車、徒歩すぐ

ドライブ

山陽道赤穂ICから県道32号経由7km15分

問合せ先

0791-43-6839(赤穂市観光課)

旧坂越浦会所

  

天保3年(1832)に完成。赤穂藩の茶屋としても利用され、2階には藩主専用の部屋もある。

住所

兵庫県赤穂市坂越1334

交通

JR坂越駅→徒歩20分。またはJR播州赤穂駅→ウエスト神姫バス小島方面行きで15分、バス停:坂越港下車、徒歩すぐ

ドライブ

山陽道赤穂ICから国道250号経由8km15分

料金

見学無料

営業時間

10~16時

定休日

火曜(祝日の場合は翌日)

問合せ先

0791-48-7755

  • 各施設の掲載情報は、目安として通年情報を掲載しています(お盆や年末年始の休み・臨時休業は原則として含まれていません)。また、季節・イベント等により変更されることがあります。

  • 地図上の各スポットの位置情報に関しては、ずれが生じる場合もございますので目安としてご利用ください。

  • 各施設の利用料金は、特記のない限り大人料金を記載しています。

  • 営業時間の最終時刻は、特記以外は原則として閉館・閉店時間です。入館やラストオーダー可能の時刻は、通常30分~1時間前となりますので、ご注意ください。

  • ドライブ・バス・徒歩などの所要時間は、いずれも目安です。実際の所要時間は諸条件により異なることをご了承ください。

おすすめプラン

  • かんぽの宿赤穂・レギュラープラン(2022夏)

    かんぽの宿赤穂・レギュラープラン(2022夏)

    料金

    16,870円~
    (洋室ツイン2名様利用の場合、お1人様1泊2食)

    期間

    2022年6月1日~8月31日
    (休館日:6月28日)

  • 料理長イチオシ!!夏の「播州」グレードアッププラン

    料理長イチオシ!!夏の「播州」グレードアッププラン

    料金

    19,730円~(洋室ツイン2名様利用の場合、お1人様1泊2食)

    期間

    2022年6月1日~8月31日
    (休館日:6月28日)

  • 迷ったらコレ!!夏の美味を堪能♪夏の「播州」プラン

    迷ったらコレ!!夏の美味を堪能♪夏の「播州」プラン

    料金

    16,870円~(洋室ツイン2名様利用の場合、お1人様1泊2食)

    期間

    2022年6月1日~8月31日
    (休館日:6月28日)

  • 関西の夏はやっぱり鱧!!「鱧づくし」プラン

    関西の夏はやっぱり鱧!!「鱧づくし」プラン

    料金

    16,870円~(洋室ツイン2名様利用の場合、お1人様1泊2食)

    期間

    2022年6月1日~8月31日
    (休館日:6月28日)

  • 【迷ったらコレ!!宿一押し】春の「播州」プラン

    【迷ったらコレ!!宿一押し】春の「播州」プラン

    料金

    16,800円~(1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    2022年3月1日~5月31日
    (販売除外日:3月24日・28日~31日、5月3日・4日)

  • 「ちょっぴり豪華に♪夕食をグレードアップ」春の「播州」グレードアッププラン

    「ちょっぴり豪華に♪夕食をグレードアップ」春の「播州」グレードアッププラン

    料金

    19,700円~(1室2名様以上利用、お1人様1泊2食)

    期間

    2022年3月1日~5月31日
    (販売除外日:3月24日・28日~31日、5月3日・4日)

かんぽの宿 赤穂へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 赤穂

住所:〒678-0215
兵庫県赤穂市御崎883-1
FAX:0791-43-7503
チェックイン:15時
チェックアウト:10時