イベント・観光 おすすめ

☆若戸大橋☆
国の重要文化財に指定!

2022年4月5日

『若戸大橋』と若戸渡船                  【画像提供:北九州市観光情報サイト】

ブログをご覧のみなさま、こんにちは。
かんぽの宿北九州のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

北九州市が誇る『若戸大橋』が
国の重要文化財(建造物)に指定されました!!

『若戸大橋』は北九州市若松区と戸畑区をはさんで位置する
洞海湾にかかる海峡横断橋です。
橋長627m、中央支間367mの吊橋で、昭和37年に供用開始されました。
当時の国橋梁の最大支間を大幅に更新する規模で建設され、
工業技術の粋を集めて完成した日本初の本格的な長大吊橋として
重要であるとし、国の重要文化財に指定されました。

かつての交通手段は渡し舟しかありませんでしたが、
当時、渡し舟の事故や住民の声、車の利用増加に伴い建設されました。
2022年秋には開通60周年を迎え、現在は無料化を実現し
若松区と戸畑区を結ぶなくてはならない主要幹線道路です。

赤色の外観が特徴で、夜はライトアップされており、
「日本三大夜景」に認定された北九州市の夜景の中でも
雄大な『若戸大橋』の赤色がひときわ美しく輝いています☆
高塔山からの夜景や若戸渡船場付近からの真下からの眺めも
絶好の撮影ポイントです!

アクセス:当宿より約17㎞、車で約30分

赤く光輝く『若戸大橋』             【画像提供:北九州市観光情報サイト】

カテゴリ一覧

同じカテゴリの新着記事

かんぽの宿 北九州へのお問い合わせはこちら

インターネットでの
お問い合わせ・資料請求

ご不明な点がございましたらお気軽に下記のフォームよりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

お電話でもご予約・ご質問を受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください。

かんぽの宿 北九州

住所:〒808-0123
福岡県北九州市若松区大字有毛2829
FAX:093-741-1337
チェックイン:15時
チェックアウト:10時